本文へ移動
2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
オンラインストア毎週金・土曜休業(受注は可能です。)

オンラインストアからお知らせ

カフェインとカテキンでダイエット効果!
2023-05-31
カテゴリ:お茶の話
カフェインとカテキンの組み合わせでダイエット効果

緑茶、抹茶などに含まれるカフェインとカテキンはダイエットに効果的。

カフェインを摂取すると、脂肪組織で脂肪分解作用を促進させる働きがあります。

緑茶ポリフェノールの中に含まれるカテキンの一つ、「エピガロカテキンガレート」は脂肪分解効果をより長く持続できます。

よって、カフェインとエピガロカテキンガレートによってアドレナリンの脂肪分解効果を持続してくれるという相乗効果を生むことから、緑茶や抹茶はダイエットに効果的といえるのです。

肝臓が毒素を排出する効果をアップ

緑茶や抹茶などに含まれる緑茶ポリフェノールは、肝臓が毒素を排出する効果を高める作用があります。肝臓の毒素が排出されやすくなると、より脂肪が燃焼されますので、普段からよくお酒を飲む人はお茶を飲む機会を増やすことで痩せやすい体作りができるかもしれません。

テアニンの働きで食欲を抑えられる

それに加え、ダイエットのカギを握るのが、緑茶、抹茶に多く含まれるL-テアニン(以下テアニン)というアミノ酸の一種です。テアニンは摂取することによって睡眠の質向上などリラックス効果が期待される成分です。神経伝達物質のセロトニンやドーパミンの濃度を変化させ両者のバランスを保つ働きをすることもわかっています。

ドーパミンは快楽を感じたときなどに分泌されるホルモン。ドーパミンが分泌されると集中力がアップしたり、ポジティブな気持ちになったりしますが、その働きが強いと食欲などが抑えられないことも。そこで、テアニンの働きにより、精神の安定化に役立つセロトニンが分泌されることで食欲を抑え、ダイエットにつながるというわけです。
株式会社 矢島園
〒362-0058
埼玉県上尾市上野241-1
TOPへ戻る